2014/04/27

契約と注意。


Amazon.co.jpで詳細を見る


4月から「OCNモバイルONE」を利用してスマホを持ち始めました。
今のところ快適に利用出来ていますが
利用手続きに関して少し注意すべき点があります。。


"家のインターネットプロバイダーがOCN" の場合
量販店などからSIMを購入してOCNのHPから新規で手続きをしようとすると
途中で登録が進まなくなる可能性があるようです。
(注:実際に確認したわけではありませんがネット上でいくつか報告あり。)

住所や電話番号を登録する時点で
家のインターネットの登録情報と被ってしまうからのようで
その場合はSIMを購入せずにマイページからコースの追加をすることになります。


お申し込み(OCN会員の方)

SIMを購入せずに上記リンク先の「プランの追加」から申し込み
翌日に届くメール内にて申し込み内容を確認
数日後に自宅にSIMが届くのを待つ・・・という流れになります。
ちなみに認証ID、パスワードは家のインターネットと同様で
OCNモバイルONE用のメールアドレスはもらえません。。


この方法だとネットや量販店で購入するより
割引やポイントが無いので初期費用は割高になります。
メリットは手続きの簡略化くらいでしょうか。
もちろん毎月の請求も家のネットと同じになります。

SIMを既に購入してしまった方は
同じページ内に「パッケージ購入済み」用のリンクがありますので
そちらから手続きをすればスムーズに行くと思います。
決して「新規申し込み」から手続きしないように。
家のインターネットと請求を分けたいという方は要注意です。。


2014/04/26

OCNとONE。


Amazon.co.jpで詳細を見る


今となっては様々な種類のMVNOがありますが
スマホ購入に際して「OCNモバイルONE」を選んだのは
単純に家のインターネット(ADSL)がOCNだったからです。。

契約は1GB/月の月割りコースでSMS対応のものを。
理由としては自営業なので平日は自宅にいる時間が長く
その間の通信はほとんどWi-Fiで運用出来るということ
その代わり週末に出掛けた際に集中して使用することがあるということです。
この使い方だとやはり日割りはもったいないですからね。
でも毎日コンスタントに外で使う人はやはり日割りが良いと思います。

少し注意したいのは家にWi-Fiが無い人。
アプリのダウンロードやファームウェアのアップデートで
一気にデータ通信の上限までいってしまう可能性が大きいです。
それでも上限以降は200kbpsで通信が出来る訳ですが
ダウンロードに関してはかなりもたつくと思います。
特に日割りコースは要注意。
その辺り少し考慮してコースを選んだ方が良いです。

「平日は自宅でWi-Fi運用が中心」「週末に外出先でデータ通信」
という利用目的から1GB/月のコースにして正解でした。
今のところ特に不満も無く快適に利用出来ています。。


2014/04/20

スマホとデビュー。


Covia 公式HP / Facebook
Amazon.co.jpで詳細を見る


4月からスマホを持ち始めました。
購入機種はCoviaと言うメーカーの「Fleaphone CP-F03a」
使用しているSIMは「OCNモバイルONE」です。

ドコモのガラケーとの2台持ちで
無料通話1000円分が付いて維持費は3000円程度。
CP-F03aはデュアルSIM対応なので
ガラケーの方のSIMを挿して1台にすることも可能ですが
iモードメールの送受信が若干必要なのと
バッテリーの持ちや同時待ち受けが出来ないとの理由から
現状は2台持ちにしています。


良い所。
・余計なアプリや機能がほとんど入ってない。
・価格が税込で実売2万円以下と安い。
・マナーモードだとシャッター音がしない。
・デュアルSIM対応。

残念な所。
・スマホカバーなどアクセサリがほぼ皆無。
・同時待ち受けが不可。
・LTEは未対応。


メモリの少なさやバッテリーの持ちなど
他にも少し気になるところはありますが
使うのがメール、各種SNS、地図アプリくらいという
初心者の僕には十分すぎるほど十分なスペックです。

発売当初は勝手に再起動してしまうなどの問題があったんですが
この件に関してファームウェアのアップデートが2回ほどありました。
原因と対策をFacebookの方で情報公開していて
キチンと対応しようと言う姿勢が見えて好感が持てます。

スマホ初心者など超ライトユーザーの人
2台持ちを解消したい人
性能を分かった上で割り切って使える人
余計な機能が入ってる白ロムは嫌だという人などは
要チェックの機種だと思います。。


2014/04/13

須磨アルプス

天候:曇り
コース:須磨浦公園駅(P)→旗振山→鉄拐山→おらが茶屋→高倉台→栂尾山
          →横尾山→馬の背→東山(昼食)→板宿駅→須磨浦公園駅(P)

一ヶ月半ぶりのトレッキング。
あいにくの曇り空で少し肌寒い一日でした。


桜はほとんど散って緑の葉っぱがちらほらと。


途中で猫発見。


肌寒い日はコーヒーが一番。


時期も時期なので桜が散っていたのは残念でしたが
これは来年の楽しみとして取っておこうと思います。
これからはだんだん暖かくなって来るし歩きやすくなるはず。
週末に雨が降らないことを願って。。


2014/04/11

Five For Fighting / Bookmarks (2013)


Produced by Gregg Wattenberg, Derek Fuhrmann, John Ondrasik, etc.
Engineered by Ross Petersen, Chris Shaw, etc.
Miixed by Joe Zook, etc.
Mastered by Ted Jensen

Official Web Site / YouTube Channel
Amazon.co.jpで詳細を見る


前作「Slice」が個人的に完全にツボに入った作品だったので
今作も楽しみにしていました。
かなり大雑把に言ってしまえば
前作を "ピアノロック" とするならば
今作は "ピアノポップ" と言った感じかなと。

相変わらずの良いメロディー。
相変わらずの美しいピアノ。
相変わらずの心地良いファルセットボイス。
魅力的な音の数々に溢れています。

素晴らしい作品を連発しているFive For Fightingですが
日本での知名度は一向に上がってこないのが寂しいところ。
ピアノ主体で美メロでファルセットボイスのSSWなんて
思いっきり日本人好みのはずなんですけど・・・