2014/11/30

段ヶ峰

天候:晴れ
コース:生野荘跡(P)→達磨ヶ峰→フトウヶ峰→段ヶ峰→千町峠→生野荘跡(P)

そろそろ1000m超えの山に挑戦してみようということで
朝来市の段ヶ峰に登ってきました。


フトウヶ峰山頂。


段ヶ峰山頂。


段ヶ峰山頂の看板。


登山口からいきなり急登ですが
20〜30分程登れば一気に展望が開けてきました。
その後は達磨ヶ峰、フトウヶ峰、段ヶ峰、千町峠と
絶景の中をひたすら歩いて行きます。
この縦走がとにかく気持ち良かった。。

でも千町峠から生野荘跡に戻る林道は要注意。
見所はあまり無く道も悪路の中を2時間近く歩かなければならないので
それならば来た道を戻るピストンの方が楽しめると思います。

それでも今年登った山の中では間違い無く一番。
また春から初夏、紅葉の季節なんかに登ってみたい。。


2014/11/24

Nickel Creek / A Dotted Line (2014)


Produced by Eric Valentine
Engineered by Cian Riordan, Eric Valentine
Mixed by Eric Valentine
Mastered by Eric Valentine

Official Web Site / YouTube Channel
Amazon.co.jpで詳細を見る


Nickel Creekに興味を持ったのは各メンバーのソロ活動からで。
Watkins兄弟が参加したGlen PhillipsとのWork Progress Administrationや
Sean WatkinsがSwitchfootのJoe Foremanと組んだFiction Familyなど
自分が興味のある音楽に度々ゲスト参加していて気になり始めた訳です。

その時点で既に解散していたということもあって
アルバムを買うのをずっと後回しにしていたんですが
今回の再結成を機にまずは新作を聴いてみました。。

ブルーグラスっていうジャンル自体は意識したことは無いんですが
意外とポップロック色が強めというかクセが無くて聴きやすい印象。
メンバー3人による絶妙のハーモニーと
アコギ、マンドリン、フィドルの絡みは聴いてて気持ちが良いです。

たぶん過去の作品になるともっとブルーグラス色が出ているんだろうし
昔からのファンにすれば変わってしまったと思うかもしれないけど
個人的には最初の一枚がこのアルバムで良かったです。。



2014/11/16

小野アルプス

天候:晴れ
コース:鴨池公園(P)→岩倉入口→紅山山頂→岩倉峠→惣山山頂→アンテナ山山頂
             →総山山頂→東入口→中央林間広場→岩倉入口→鴨池公園(P)

200m以下の山々が連なる小野アルプス。
Googleマップにも載っておらず今まで見落としていましたが
小野市のHPで紹介されていたのを教えてもらたので行ってきました。


紅山と岩倉峠の間の岩場。


紅山頂上からの景色。


紅山頂上の看板。


地元の人のハイキングコースといった趣で
コース自体はよく整備されているし看板も多数あります。
ただ低山がゆえに登り始めたら頂上まで一気に上がってしまうので
油断していたら結構疲れました。

紅山頂上からの景色は低い割にはなかなかのもの。
またその紅山と岩倉峠の間の岩場は迫力がありました。

今回は総山まで行って戻ってきましたが
4時間くらいの縦走コースもあるようです。
ただ駐車場まで戻るのに交通手段が無く諦めました。。