2015/03/29

世界を変えた10冊の本


池上彰 著
Amazon.co.jpで詳細を見る → 文庫版 / Kindle版


紹介されている本は
「アンネの日記」
「聖書」
「コーラン」
「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」
「資本論」
「道しるべ」
「沈黙の春」
「種の起原」
「雇用、利子および貨幣の一般論」
「資本主義と自由」
の10冊。

個人的には題名は聞いた事があるけど読んだ事が無いのがほとんどで
概要とは言え池上さんの解説は分かりやすく丁寧だと思いました。

主に宗教関連と経済関連が選ばれている事からも
世界はその2つが中心なんだなと分かりますね。
特に昨今の宗教的な対立や考え方の違いによる問題も
元々がどういうものかを知る事で
如何に一部の集団が逸脱しているかを知る事が出来
読むタイミングとしては良かったと思います。

今も昔も宗教と経済が世界の問題だと分かる一冊。。


2015/03/20

Eddi Reader / Vagabond (2013)


Produced by Sadenia Eddi Reader
Recorded by Mark Freegard
Mixed by Mark Freegard
Mastered by Donald Whelan

Official Web Site / YouTube Channel
Amazon.co.jpで詳細を見る


いつもの気心が知れたメンバーで作った5年ぶりのアルバム。
トラディショナルとオリジナルの楽曲を織り交ぜていて
相変わらずジャジーな大人の魅力たっぷりです。

今後は全編ジャズボーカルの楽曲で構成されたカバーアルバムとか
そういう企画ものも面白そうだし聴いてみたいかも。

お酒は飲めないがウィスキーをロックで飲みたくなる一枚。。



2015/03/14

100年の難問はなぜ解けたのか


春日真人 著
Amazon.co.jpで詳細を見る → 文庫版 / Kindle版


副題は「天才数学者の光と影」。
NHKスペシャルで放送された番組を書籍化したもの。
数学の世界で超難問と言われたポアンカレ予想の
問題提起から解決までの物語です。。

とにかくポアンカレ予想の詳細なんてよく分からないし
トポロジーとか言われてもちょっと難しいですが
この難問が解けると宇宙の形が分かるようになるなんて
宇宙の端でさえどうなっているのか想像もできないのに
それだけで興味がそそられます。

題名にもある通り100年以上に渡って未解決だったこの難問を
他の数学者とは全く違ったアプローチで解いてしまったペレリマン。
常識とか定石にこだわらない発想が出来たからこその解決だったんですね。

そのペレリマンは数学界のノーベル賞と言われるフィールズ賞を辞退。
さらには賞金の100万ドルさえも貰わずに隠居生活を送っているようで。
本人にとっては栄誉や賞金よりも問題が解けた事の方が重要なのかも。
でもどういう人物なのか知りたいのが正直なところです。

またしても数学の世界に魅了された一冊。。


2015/03/08

笠松山

天候:曇りのち晴れ
コース:古法華自然公園(P)→婦人の森→笠松山展望台→吊り橋
            →野鳥の森→古法華自然公園(P)


加西市の笠松山へ。


頂上と間違えた小屋。


本来の頂上からの景色。


思った以上に揺れた吊り橋。


公園内をぐるっと一周するコースを歩きました。
道はよく整備されていたし吊り橋や岩場などイベント系もあって
250m弱と低山ながら飽きずに楽しめました。。


2015/03/07

The New Mendicants / Into The Lime (2014)


Mastered by Jeff Lipton

Official Web Site
Amazon.co.jpで詳細を見る


Pernice BrothersのJoe Pernice
Teenage FanclubのNorman Blake
The SadiesのMike Belitskyの3人によるプロジェクト。
クレジットの詳細はありませんが
おそらくプロデュースなどは本人達によるものと思います。

良くも悪くもこの人達はどんなサイドプロジェクトをやろうが全部同じ。
いつも同じと分かっていながらも毎回気になるし
毎回聴けてしまうのがこの人達のスゴいところ。
ポップなメロディーに美しいハーモニーが相変わらず絶品です。

1年に1度はこういう音のアルバムが欲しくなる一枚。。



2015/03/01

携帯性と緊急用。

今僕が使っているスマホがCovia CP-F03aというもので
モバイルバッテリーの種類によっては充電出来ないものがあり
どれを買うか選ぶのに一苦労していました。
(ちなみに人気の高いAnker製品は使えませんでした・・・)

そんな訳でいろいろ調べてみると
公式にCP-F03a対応を謳っているのはELECOMくらいだったので
その中からDE-M01L-0810という製品を選びました。


「ELECOM DE-M01L-0810」
 Amazon.co.jpで詳細を見る


普段は家で仕事をしているので
モバイルバッテリーが必要なのは週末に出掛ける時くらい。
ヘビーユーザーでもないので緊急用にちょっとあったら良いなと。
なので容量よりは携帯性を重視しました。

丸い棒のような形状で鞄やボケットのちょっとした隙間に入り
表面は少しザラついた感じのマットな仕上げです。
余計なボタンなどは無くケーブルを挿せば給電・充電を開始。
容量は2200mAhとかなり少なくホントに緊急用です。
CP-F03aで言うとバッテリー残量10〜15%くらいから始めて
90〜95%くらいまでを約1時間半〜2時間ほどで給電が出来ました。
本体への充電は約5時間ほどでスマホへの給電と本体への充電は同時に出来ません。
付属のUSBケーブルはあまり使えなかったので手持ちのものを使用しています。

500回繰り返し使えると言うことなので
自分の使用頻度から言うとかなり保ちそうですが
使うのが週1回くらいというのもリチウムイオン電池に悪そうなので
週に何度かこの充電器から充電するようにしています。

かなり用途を選ぶと思いますが
安いので保険として持っておきたい人には良いと思います。。