2016/02/27

元素周期表で世界はすべて読み解ける


吉田たかよし 著
Amazon.co.jpで詳細を見る → 新書 / Kindle版


副題は「宇宙、地球、人体の成り立ち」。

学生の頃は化学や生物よりも物理や数学が好きでした。
それでも元素周期表は「水兵リーベ・・・」と
ひたすら暗唱した思い出があります。。

この本は人体のことや宇宙のことやレアアースのことに至るまで
元素に関する特徴を周期表を使って説明しようとするものです。


個人的に気になったのは「内部被曝を防ぐためにカリウムを摂取する」という件。
もちろん知識としてヨウ化カリウムの摂取が有効だとは知っていましたが
「なぜヨウ化カリウムが有効なのか?」まではキチンと理解していませんでした。

セシウムが人体に深刻な影響をもたらす理由としては
人体にとって必要不可欠なカリウムと物理的な性質がよく似ているので
体内にセシウムが入ると身体がカリウムと間違って吸収してしまうから。
そうなる前にヨウ化カリウムを摂取することによって
セシウムが吸収される余地を奪ってしまおう・・・ザッと言えばこんな感じか。。

その「物理的な性質がよく似ている」というのが
元素周期表を見れば一目瞭然と言うのがこの本のポイント。
カリウムとセシウムは同じ第1族元素で周期表で見れば
一番左端に縦に並んでいるのが分かるはず。
そういう意味で元素周期表は良く出来ていると言っています。。

他にも・・・

・宇宙にたくさんある元素は人体に必要で
 少ししかない元素は有毒であることが多い。

・南国の海が透明なのは水温が高いため酸素量が少なく
 プランクトンが多く生きられないから。

・世界の標準時間はセシウムを用いた原子時計を基準に決められていて
 その誤差は140万年に1秒。

・・・などなど
たまに豆知識として周期表に関係無い話も出て来ますが
それはそれで面白いです。。


余談ですが先日ニュースで
理研が発見した元素がどんな名前になるのかという話題があがっていて
「ジャポニウム」が有力ではないかと言われていました。
この本のあとがきでもこの話題に触れられていて
偶然とは言えとてもタイムリーなタイミングだと思いました。

サイエンス本と言うよりはサイエンス系豆知識本的な一冊。。


2016/02/20

Daryl Hall & John Oates / The Best Of Times (1995)


Official Web Site / YouTube Channel
Amazon.co.jpで詳細を見る


The Bird and The Beeによるカバーアルバムを聴いているうちに
改めてDaryl Hall & John Oatesの良さを再発見した今日この頃。

白人のコンビでありながらソウルミュージックを基本にし
ブルーアイドソウルなどとも評されていたように思いますが
そんな中でロック・ポップ寄りにアプローチするという
当時としては珍しい立ち位置が絶妙だったと思います。
だからこそ多くの人に受け入れられ爆発的にヒットを飛ばしたし
ここ日本でも一昔前にCMで "Private Eyes" が使用されたのをキッカケに
一般の人にも幅広く認知されたように思います。。

このベスト盤に関しても当然の如く名曲のオンパレード。
さらにはMarvin Gaye "What's Going On" などの名カバーを含む
ライブバージョンも3曲収録されていて
単なるヒット曲の羅列に留まらない好ベスト盤です。

再発見と再注目の一枚。。



2016/02/13

The Bird and The Bee / Interpreting The Masters Volume 1 (2010)


Produced by Greg Kurstin
Enginnered by Greg Kurstin
Mixed by Greg Kurstin
Mastered by Gavin Lurssen

Official Web Site / YouTube Channel
Amazon.co.jpで詳細を見る


ジャケットを見ての通りDaryl Hall & John Oatesのカバーアルバムです。
とは言いつつも全9曲中1曲だけオリジナル曲が収録されています。

打ち込みを基本とした楽曲アレンジとInara Geroge嬢のボーカルが
本来の原曲の良さを引き立てていて気持ち良いです。
何より唯一のオリジナル曲となるアルバム冒頭の1曲目が
ホール&オーツの曲かと聴き間違えてしまうほどの出来。
深い愛情を感じずにはいられません。。

男性ボーカルの曲を女性ボーカルがカバーすると
何故か急に聴きやすくなったりすることがよくあって
このアルバムもInara Gerogeのボーカルが耳障りが良く
楽曲アレンジも今風のおしゃれな感じで
本家に行く前にこっちから入るのもアリだと思います。

これほど完璧にハマったカバーアルバムも珍しいと思う一枚。。



2016/02/06

昆虫はすごい


丸山宗利 著
Amazon.co.jpで詳細を見る → 新書 / Kindle版


昆虫や動物の際立った特徴をそのまま特殊能力として人間に移植し
進化したゴキブリと闘うという「テラフォーマーズ」という漫画とか
ココリコ・田中がテレビでたまに披露する動物の豆知識とかが
何故か妙に気になり始めています。。

動物と同じように昆虫にも様々な特徴や特技を持つ種があって
奴隷制とか共生とか擬態とか栽培とか同性愛とかクローン増殖とか
もうありとあらゆる手段を使って生き残ろうとする姿は衝撃的で面白い。
そういった数々の戦略は人間が進化してやり始める前に
すでに昆虫が全てやっているという話もあるほどで
その多種多様な姿にはただただ驚くばかり。
それもこれも全ては子孫を残すためであるというのも感動的です。

なぜそのような行動をとるのか
なぜそんな形態に進化したのか
分かっていないことはたくさんあるようだし
未だ見ぬ種がまだまだ存在するとも言われている昆虫の世界。
この本の続編も出ているようで気になります。。

すごく神秘を感じる一冊。。