2016/07/25

Earl Greyhound / Soft Targets (2007)


Produced by Earl Greyhound, Tim Edgar
Recorded by Tim Edgar, Chris Gresham
Mixed by Michael Musmanno
Mastered by Dave Mcnair

Official Web Site
Amazon.co.jpで詳細を見る


アフロ姿の女性ベーシストが印象的な3人組ロックバンド。
見事なまでにゴリゴリのロックンロールで
色々な所でバンド版レニクラとか言われていますね。

確かにその通りだとも思うし
見た目にも個性的なメンバーには目を奪われるし
3人組とは思えないグルーブも作り出しているし
ライブが凄そうだなとも思いますが
個人的にこのアルバムを手に取ったキッカケはやっぱり曲の良さでした。

全編ハードなギターリフでガンガン攻めてくるのかなと思いきや
シャッフルビードに乗せてコーラスを駆使したパワーポップ的な曲もあり
音楽性の幅広さを感じます。

聴く前の印象とのギャップにヤラレてしまった一枚。。




2016/07/19

フラフラとバキバキ。

骨折から復帰したてにもかかわらず再びジムへ。
しかも2日連続です。。

日曜日の昼過ぎにジムでボルダー仲間と合流。
ダラダラと18時くらいまで登ったあとその仲間の家で飲み会。
次の日は解散予定だったけど
何故かその場のノリで昼から別のジムへ行くことになり
そのまま前日と同じく18時くらいまで登りました。

2日連続のボルダリングと深夜までの飲み会で
体力的にはフラフラだし腕は筋肉痛でバキバキですが
大学生の時を思い出すようなノリが久しぶりで楽しかったです。

リハビリ中なのもすっかり忘れてしまってましたが
結構長時間登った割にはそんなに痛みが出ることは無かったので一安心。
順調に回復しているんだろうと思います。

さて今回の2日間の追い込みで負傷前の体力に少しでも近づけたかどうか。
来週のジムがまた楽しみになりました。。


2016/07/11

コツコツと地道に。


骨折してから2ヶ月。
久しぶりにボルダリングに行ってきました。

行く前はどれくらい筋力が落ちてるんだろうと心配していましたが
思っていたほど酷いことにはなってなくてちょっと安心。
それでも骨折した左足の方はやっぱり力が入れにくかったし
小さいホールドにつま先で立つようなムーブの時も少しキツかったです。
あとヒールで体を持ち上げる時にふくらはぎがつりそうになりました。
これは単純に筋力の低下ですね。

登る前に自分が思っていた力の入れ具合と
実際に登ってみたときの力の入れ具合の差も結構大きかったです。
すぐに疲れて持久力も無くなっていました。
全然登れなくなっているわけではないので
またコツコツと地道に積み上げていくしかなさそうです。

普段一緒に登っている人達に追いつかれたり抜かれたりもしてるんで
負けないように頑張らないと。。


2016/07/03

天才


石原慎太郎 著
Amazon.co.jpで詳細を見る → 単行本 / Kindle版


もちろん田中角栄という名前はよく知っています。
良い評判もあれば悪い評判もよく聞きます。
好き嫌いがはっきり分かれる人という印象です。
実際どんな人だったのかと気にはなっていたし
ちょうどKindleでセールだった事もあり手に取ってみました。。

石原慎太郎が「俺」という一人称を使って
あたかも田中角栄自身が語っているようなモノローグ形式で書かれています。
なのであくまで石原慎太郎が書いていると思って読まないと
田中角栄が本当に言ったのかとか考えていたのかと思ってしまいそうになり
この本の全てが真実だと勘違いしないように気をつけないと危ないかも。

いかにも昔の豪快な政治家という印象です。
最近の政治家は必要以上に清廉潔白を求められていますが
そんな今の時代には全くそぐわないですね。
功績と功罪の両方があって先を見据える力もあって
でも出る杭は打たれると言わんばかりにあの事件があって・・・

それでも良い悪いは別にして
行動力や実行力は突出しているように思いました。
今の時代にもそんな政治家がせめて1人くらいいても良いと思うんですけど
表立って活動してしまうと一瞬にして辞職に追い込まれるんだろうな。。

田中角栄が好きか嫌いか分からなくなる一冊。。