2016/12/31

2016/12/30

2016年読了リスト。

2016年に読んだ本は以下の9冊。
リンク付きはこのブログで記事にしたタイトルです。。


・丸山宗利「昆虫はすごい」
・吉田たかよし「元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち」
・大栗博司「大栗先生の超弦理論入門」
・松原隆彦「宇宙はどうして始まったのか」
・羽生善治×川上量生「羽生さんはコンピューターに勝てますか?完全版」
・池上彰「この社会で戦う君に知の世界地図をあげよう 池上彰教授の東工大講義 世界編」
・北野武「新しい道徳 いいことをすると気持ちがいいのはなぜか」
・竹内洋岳「標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学」
・石原慎太郎「天才」


少ないですね・・・
いつもKindleでセールになった本の中から興味があるものを読んでいたんですが
今年は何故か気になる本が見つけられず
気が付けば9冊しか読んでいない状態になってしまいました。
あんまり興味の無いものを無理して読むのも疲れますしね。
来年は月に1冊程度は読みたいと思いますがどうなることやら。。


2016/12/26

Guster / Live Acoustic (2013)


Produced by Adam Gardner
Live Recording by Gordon Reddy
Mixed by Pete Morse
Mastered by JJ Golden

Official Web Site / YouTube Channel


2012年に行われたアコースティックライブのCD化で
選曲は各アルバムから満遍なくといった感じです。
もちろん人気曲もキッチリ収録されています。

演奏面で言うとメンバー4人のほか
バイオリンなどのストリングス担当が2人いるものの
もともと歌を大切にする音楽性もあってか
アコースティックライブだからと言って
何か物足りないという感じでは全く無いのがスゴイですね。
逆にシンプルなアコースティックライブだからこそ
曲の良さ、演奏・歌・コーラスの上手さが際立ってます。

アルバムを持っているなら聴くべき一枚。。


Amazon.co.jpで詳細を見る


2016/12/19

Ben Folds / SuperSunnySpeedGraphic. The LP (2006)


Produced by John Mark Painter, Ben Folds

Official Web Site / YouTube Channel


Ben Folds Fiveが解散した後
最初のソロアルバム「Rockin' The Suburbs」と
その次の2nd「Song For Silverman」がリリースされるまでの間に
何枚かのEPが限定で発売されていました。
本作はそれを集めた企画盤的なアルバムです。

EPを集めたということで楽曲がバラエティに富んでいて
通常のアルバムとは違った面白みがあります。
旧知の仲でもあるFleming & JohnのJohn Mark Painterが
協力しているというのも大きいかもしれませんね。

個人的に注目なのは1曲目に収録されている
The Cure "Inbetween Days" のカバー。
元々イントロが印象的な名曲をBen Foldsの本領発揮とばかりに
ピアノで弾きこなしてしまうアレンジにやられてしまいました。
初期のBen Folds Fiveの激しさを思い出します。。

EPを持ってないなら持っておくべき1枚。。





2016/12/05

Honeydogs / Here's Luck (2000)


Produced by John Fields
Recorded by John Fields
Mixed by Chuck Zwicky, John Fields
Mastered by George Marino

Official Web Site / YouTube Channel


CDジャケットの良し悪しは置いといて・・・

結構濃いアメリカンロックを演奏するバンドだと思っていました。
ところがこのアルバムでは地元の音楽仲間でもある
ビートルズ狂のジョン・フィールズがプロデュースを手掛けたこともあり
随分ポップなサウンドに仕上がっていて聴きやすくなっています。
アメリカ人によるビートルズの影響を多分に受けた楽曲の数々は
やっぱりパワーポップ的な側面もあって個人的にはストライクですね。
ジェイホークス、ソウル・アサイラムあたりが好きなら間違いないです。

CDジャケットさえ何とかすれば名盤になったかもしれない1枚。。


Amazon.co.jpで詳細を見る